ランニングショップ 店長ORAOのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS オラオ的 比叡山インターナショナルトレイル50k コース攻略法 (あくまで参考までに^^)

<<   作成日時 : 2017/04/19 08:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

どもです フルコース 店長オラオです
5/13(土)に開催する比叡山インターナショナルトレイル
第3回目の今年も、「挑め己の限界に」 50k 累積標高3700mに多くの方がチャレンジすることでしょう!
そして今年は、100名がさらに30kプラスの50マイルをチャレンジする部が設けられました!
私自身、比叡山のレースを走ることは第1回のみにしようと決めていたのですが、この50マイルのハードチャレンジを受けさせていただくことにしました!
正直、現在まだ完走できるイメージはありません(泣)
残り僅かの時間で、今の自分のできるサイコーの状態にして、サイコーの悪あがきができるように準備したいと思っています! そんな焦っている過程を楽しみたいと思います(楽しめるのか)?

さて、先日フルコースを試走してきました。 コース後半の一部が工事で迂回ルートになったので、完全フルコースではありませんでしたが…

いろいろな情報を集約すると、今年も第2回のコース、横川中堂からは川沿いの下りの林道になるのでは・・・とのことなので、今回はそのルートで試走をしました。
この横川中堂から先は、第1回と第2回のコースでは全く強度が変わってきます。
今回フルコースで第2回ルートで走りましたが、正直かなり楽だな…と感じましたね…^^

「やっぱり第1回のコースになりました!」となったら、オーマイガーですが、第2回ルートとして、コースのポイントをお話しできればと思います。

あくまでも、レースになると、これに渋滞など、いろんな要因が含まれますので、それらも考慮して、あくまでも参考となればと思います。

第1回前にアップしたブログをベースに、書き加えていました。
2015年の時のブログ↓
http://orao.at.webry.info/201505/article_1.html

参考にするか否かは自己責任でと言うことでお願いします^^

画像

画像


やはりハードなこのコース! 
なんか嫌らしいコースなんですよね…^^

何度走っても、メンタルが問われるコース、かなり手強いコースだと言うことですね

制限時間 11時間 時間いっぱい使ってゴールと言う意識では、途中関門にやられてしまうと思います。

第2回からウエーブスタート制が導入されています。
このおかげで、前半の渋滞は緩和されているようですが、 言っても1000人からの大所帯が細いTRAILに入るので、スムーズには走れないと思います。

今年の関門データはまだ出でいません。 ウエーブスタートでの関門も気になるとこです。
関門が気になる方はマメにHPをチエックしておきましょうね…


約20k地点の2Aの第1関門は去年のデータだと、14時=スタート後5hです。 第2ウェーブの方は20分後スタートなので… 4h40になるかもしれません。 関門情報は後日発表とHP記載となっています。
関門時間で意外と高いハードルになるかもしれません。

完走を目指すのであれば、関門ギリギリ通過では後半はかなり動かないとゴールが厳しくなってくると思います。

ちなみに先日、スタッフ サチコと試走をした時のタイムは、2Aの通過は3h20、ゴールが8h05(後半4h45)です。 コース後半が迂回ルートになっているので、比較は難しいですが迂回で距離が伸びた分、レースコースと似たような感じかと思います。

ちなみにちなみに、2015年の5月に第1回のコースで私が試走した時が2Aを2h45で6h55(後半が4h10)

第1回のレースの時は2Aを2h21で、ゴールは6h33(後半4h11)です。 こと時はとにかく暑いハードなコンディションだったので、後半は本当にキツカッタです! 
試走とレースの後半タイムが一緒で総合6位だったので、どれだけハードなコンディションだったかと言うことですね…

第2回の横川からが河川敷ルートになることで、僕のレベルで15〜20分は短縮はできるはず(もっとできるかも?)ですが…

このデータからもわかるように、関門ギリギリ通過では時間内ゴールは厳しいと言うことになりますね…

前半の20kの通過タイムを意識しつつも慎重に入りたいとこです。


そんなこんなで、スタートからゴールまでのコースの感想をつらつらだらだらと綴ってみますね・・・

スタート〜大比叡 848m(約2k)上り中心
スタート後、まずは今大会の最高地点の大比叡へ向かいます。 寺内の坂・階段を経てまもなくTRAILへ入りますが、いきなりのパンチのある急登です。
本音は歩きたいのですが、ポジション取りをめぐって、最初からガツガツな感じになるのでしょうか!
前の方は走るのでしょうが、ある程度の位置からは歩き=パワーウォークになるでしょう…
画像


大比叡(約2k)〜ボケ谷(約7k)下り中心
ロードを少し入ってからシングルトラックのTRAILへ! 京都らしい雰囲気の良いTRAILです。 ツーリングなどで走るには気持ちの良いTRAILですが、レースとなると予測を超えるペースで走らなければいけないかもしれません。
この軽快な下りは意外と落とし穴のような気がします。
レースの雰囲気で調子良く行くと、けっこうなダメージになるのでえ、レースの流れに乗りながらもいかに自分の走り・動きができるか…
渋滞で急に動いたり、走ったり… ストップ&ダッシュもあるかと思います。 無駄な動きに無駄なパワーを使わにようにしましょう!
この下りはハイカーにも人気のコースです。 レースとは言え、コース=TRAILは共有部分ですので、すれ違いは歩いてを基本で行きましょう!
画像


ボケ谷(約7k)〜第1エイド・ロテルド比叡前(約10k)上り中心
この上りは意外とクセ者です。 砂の滑りやすいザレ場の上りは予想以上に脚にきます。 足を置く場所を選びながら、無駄な力を使わず動くことがポイントになりそうです。
TRAILはロードと違って、常に路面変化します。 いかにその路面にあった楽な動き方をするか… そこがポイントにはなってきます。
速いでは無く上手い走り方、動き方をしたいとこです。
エイド手前の巻き道!これがまたクセ物、ドーンと下ってドーンと上る、これがかなり曲者ですよ^^

「え〜ここ行くの〜?」 はじめての人はだいたいそう言います(笑)

第1エイド・ロテルド比叡前(約10k)〜坂本ケーブル(約16k)下り中心だけど、アップダウンあり
第1エイド後は小さなアップダウンもあります。 これが意外にキツイ! 
感覚的に、「このパートは下り基調…と思いこんでしまうことが… この感覚とのズレに要注意!
高低図には見えない、アップダウンもあるので注意しましょう!

後半、段差のある階段や浮石もあったりするので、スピードに身を任せていくと、脚へのダメージがけっこう大きいかもしれません。
とは言え、コース幅が広いところもあるので、順位を上げれるポイントにもなります。
ですが、無理な追い越しは危険ですし、ハイカーさんもコース上にいる可能性があるので、気を配りながらも距離を稼ぎましょう。

坂本ケーブル(約16k)〜根本中堂(約19.5k)上り中心
比叡山高校の野球グラウンドの脇から一気に急登に入ります。
急ではありますが比較的、脚の置き場があるTRAILなので、イメージよりは楽な印象があります。
登りに入る前の下りでのダメージが大きく影響しそうです。
関門タイムと戦っている人は、とにかく動き続けるしかありません。 
頑張ってるだけではダメです! いかに踏ん張るか! ガンバフンバ! ガンバフンバ!です

関門通過ができそうな人は、この上りはいかにメンタル負荷をかけないか! ここも大きなポイントになりそうです。
根本中堂に着いた時に、カラダのダメージはともかく、ココロのダメージも酷ければ、後半パートに入っていけません。
スタート・ゴール地点に戻って来る所で、「まだ20kいっていない!」と言うのがココロへのダメージを強く感じると思います。

「さぁ〜前半終了! 修行がはじまるよ〜!」 そんな、大胆なキモチで行きたいものです!

ちなみに私は50マイルなので、「さぁ〜あと60k^^ 準備運動終了〜」と思えないといけないのですが(泣)
このコースで50マイルはやっぱりヤベ〜なぁ
画像



根本中堂(約19.5k))〜地蔵(約24k)フラット&下り中心
根本中堂でたくさんのパワーをいただいて後半パートへ! 前半は京都TRAILの雰囲気あるTRAILを走ります。
そこから一気に地蔵までの激下り! 階段も含めて整備されいるTRAILだけに厄介! 斜度もあるのでスピードが出てしまう… ブレーキをかけるにもダメージがかかるし、走ってもダメージは大きい!
いかにブレーキをかけ過ぎずに走れれるか… 直後の急登をスムーズに動くためにも、この下りの走り方は後半パートの走りを左右する大きなポイントになりそうな気がしますね…
画像



地蔵(約24k)〜横高山〜水井山(約27k)】  激上り中心
この大会の名物の横高山への急登! もう感覚は壁に近く感じるかもしれないですね! この急登はメンタルが問われるところ!
しんどいのは間違いない!
けど、しんどいのに酔ってる、錯覚してしまっているかもしれない!
あまりにも急でプッシュできない! 故に考え方では、しんどいと勘違いしているだけとも言える。

この微妙なカラダとココロの感覚のズレの帳尻を合わせるか…
TRAIL能力が問われるパートになると思う。

せりあい地蔵の給水所のオアシスを目指して、黙々淡々と無になって歩くべし^^
ここのエイドの応援は大きなパワーをもらって、横高山のピークを目指し、またそこから水井山のピークを目指す!

このパートでいかにメンタル持久力を消耗せずに動けるか!

良い意味で、諦めて動けるかな

レースプロデューサーの鏑木さんの座右の銘である、「楽しむ勇気」だとしたら、僕的には、「諦める勇気=開き直り」でしょうか(笑)
画像

画像


水井山(約27k)〜大尾山(約32k)】  下ったり上ったり
しばらく京都TRAILのコースを走ります。 仰木峠までの下りで、なんとかリラックスしたいとこ、仰木峠からの尾根沿いのコースは意外と脚にくるかも、脚はだいぶとやられてると思うので、少しの傾斜もきつく感じるかもしれないです。
走ったり、歩いたりを上手く切りかえれるかがポイント!
かなりココロのスタミナが切れてきてるだろうから、弱気になった時点でペースはどんどん落ちていくポイントになりそう!
ガンバフンバ、ガンバフンバ、フンバフンバ、フンバフンバって感じかな…!
画像



大尾山(約32k)〜滝寺(約34k)】  下り中心
大尾山の後の短いけど、40度ぐらいある激下りはこれまたスリリング! 50kのTRAIL こんな場所も通らねば、繋げらない! 決して、コースセッターを恨まないように(笑)
とにかく怪我をしないように慎重に下りたい! 走る場所によってはかなりスリッピーになっているかもしれないので、注意したいとこ…
ちなみに昨日の試走で、大転倒しました^^ 手袋あった方が良いと思います!

50マイルはここ2回通るのか〜 オーマイガー 

スリリングな後には、ココロを癒してくれる絶景が待っている、パラグライダーの飛行場からの琵琶湖の絶景を楽しみたい!
癒しポイントはさらに続く、滝寺は名前のごとく、寺の裏側に滝がある、瑞々しい雰囲気は疲れたカラダを癒してくれるに間違いない!
このあと控える、ロードの急坂に挑む前に滝に癒されるぐらいの余裕を持ちたいとこ…
画像

画像



滝寺(約34k)〜仰木エイド(約37k)】  上り中心(ロード)
滝寺エイドを出て、ロードを一瞬下ったら、今度は一気に上っていきます! ロードなので走りたいとこですが、ほとんど走れないかな… パワーウォークの方が速く進むかもテキナ斜度です。
けどこのパートをクリアすれば、だいぶと先が見えてくるので、頑張り過ぎずも頑張りたいポイントだね!


仰木エイド(約37k)〜料金所(約42k)】  下り中心(ロード)
唯一リラックスできるパートになるのか、もう脚が棒状態でロードの下りに悶絶するのか… それは本番のお楽しみ
TRAILでは距離がまったく進まなかったので、ロードの下りの有難味は感じるであろう。 関節がやられている人にはロードの下りは厳しいよね〜

ここを走る時はいつも、HOKAのクッションの有難みを感じていますね〜

料金所(約42k)〜横川・第4エイド(約44k)】  上り中心
このあたりになると多くの人は走れないであろう… ストライドを5p伸ばす、5p伸ばす! 前へ前へ! 修行!修行!と呪文を唱えるように進むしかないような…
気持ちが前を向いていたら、このパートの上りは比較的短く感じるはず…! 感じれるのか? 感じろ
画像


横川・第4エイド(約44k) 〜最後の登り口(48k) 】 緩やかな林道の下り
横川の最終エイドで元気をもらったら、いよいよゴールが近づいてきます。 第2回のコースと仮定して、このパートは林道の下りです。
疲れた脚には林道の小さな小石の突き上げも大きなダメージに感じるかもしれませんが、あと少し!
ゴールをイメージしながら前へ前へ…!

最後の登り口(約48k)〜ゴール(50k)】 上り中心
いよいよ最後の上りです!
まさに修行道の最後を飾るにふさわしい雰囲気の上りです!
最後は走って上りたい! いいえ、そんな甘くはありません^^
最後の最後まで上り続ける、ゴール手前のロードの急登がまたキツイ!
あれは壁に見える(笑)

けど、そんな苦しみの先には、充実感に溢れるゴールが待っているはずです!

画像


頑張るだけではゴールまで行けません!
いかに踏ん張れるか!

頑張って頑張って、踏ん張って踏ん張って!
ガンバフンバ! ガンバフンバ! ガンバフンバ!

ゴールまで踏ん張り続けるメンタルを持ち続けた人には完走と言うご褒美が与えられることでしょう!


さぁ〜 レースまで残り24日! レースに参加の皆さん、一緒に悪あがきましょう







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
オラオ的 比叡山インターナショナルトレイル50k コース攻略法 (あくまで参考までに^^) ランニングショップ 店長ORAOのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる