ハセツネ  どえらいコースです。。。

どもです 先日のブログで少し触れましたが、先週の木曜日に東京でのお仕事ついでに、ハセツネ(日本山岳耐久レース)のコースの前半の方を走ってきました(歩いてきました? 走れませんでした=正解^^

日本のトレイルランニングの最高峰とも言えるレースが、 ハセツネ=日本山岳耐久レースです。
10月に東京は奥多摩の山をぐるっと1周する71.5kの大会です。 この大会の特長は昼にスタートすること、要するにオーバーナイトするレースな訳です。
こんな、とんでも無いレース、出る人おんのか。。。という話ですが、トレイルランニングブームもあってか、今年は早々に定員の2000人があっさりオーバーと言う人気ぶりです。
制限時間が24時間と言うコトもあるのですが、トレイルランナーからハイカーまでが集う、凄いレースなのであります。

画像


そして私も今年度はいよいよ、このレースに参戦です^^
自称、永遠のトレイルランナーを自負する私としましては、もっと早くにこのレースに参戦すべきだったのですが、何かとタイミングが合わず。。。。

ようやく、今年度エントリーした訳でもあります。

お客様からも、「ハセツネにでるんだけど。。。」と声も多く聞きます。
が必要と思い。 格安^^チープな夜行バスに飛び乗り、いざ奥多摩へ出陣してまいりました。。。

早朝に立川につき、そこからJR線で五日市の駅へ。。。
いよいよ聖地に降り立ちました。 

降りるや否や、ハセツネ風なご夫婦に遭遇、地元っぽいかな。。。と思い、情報収集を^^
親切丁寧にいろいろ教えていただきました^^ ありがとうございます・・・


画像

     こちらの(後姿のご夫婦)にお世話になりました。 ありがとうございます^^


五日市中学校のスタートから、西原峠手前までの約30k程を・・・
当初は三頭山まで。。。と思いましたが、時間的に,いいえ^^体力的に無理でした(笑)

さて、率直な感想を言いますと。。。

ありえな~いコースです!!!

ある程度、覚悟はしておりましたが、予想以上にハードかと。。。

ハードと言うか・・・、嫌らしい・・・

関西の山と雰囲気が違う。。。 攻略するには、ちと覚悟して練習せなあかんな~と、良い意味で撃沈してきました^^

路面的には決してハードな路面では無く、むしろ柔らかい、若干粘土質的・・・ 以外とこういう
路面て関西には少ないかも。。。 それに、けっこう急なんです。。。
もっとガレ場や木の根っこがはってるようなコースをイメージしていたので、意外でした。。。
急なのに、表面が意外につるっとしているので、足場が作りにくく、けっこう滑ります^^
雨上がりというのも、ありましたが、けっこう滑りました。。。 2度ほど大転倒^^

あくまでも前半部分の話なんで、後半は後日情報を。。。

それと、嫌らしい、小刻みなアップダウンの繰り返し・・・ これがなんかリズムが取りにくい??? 
小刻みなアップダウンを繰り返しながら、標高を上げていく嫌らしいコース
今回はのぼりもくだりもリズムが合わず、終始スピードにのれず、撃沈って感じでした^^

後半のコースを見てみないとなんとも言えませんが、僕の感覚で行くと、シューズは意外とライトトレイル系でも良いと考えています。(あくまでも現段階でですが^^)あんまり硬すぎると、のぼりで屈曲で無駄な力を使いそうな感じです。。。
とは言え、日が暮れてからのことを考えると少々悩みどこです??? キーポイントは日が暮れてからですよね。。。 足元が見えない中をストレス少なく進むには。。。です!


問題はやはり、水分やエネルギー補給ですね。。。
コース的にかなりガソリンを吐き出しながら動く感じです。 コンパクトにかつ、効率的に、コマメに補給できるよう、パック(リュック)、補給食、ハイドレーションなどの選択はかなり重要なポイントのような気がします。

アドスポの選手の装備を見ていると、そんなに補給食いんのか~と思っていましたが、逆に言えば、あれだけ補給していくことがあの走りを支えているのでしょう。。。

ライト(灯り)の問題も出てきますが、現段階ではオーバーナイトできるイメージが沸きませんので(笑) それは先の話にしましょう。。。

さて・・・とは言え、出るからには、最大限の結果を目指す!! と言うコトで、本格的に練習モード突入と言ったとこです。
いきなり、やる気出したんで、カラダが悲鳴を上げていると言う噂もありますが(爆)

さて、僕のイメージでは、こんな感じ。。。
とりあえず、土台の構築です。 すべては土台ありき。。。

やる気になると、必然と増える「歩きトレ」、徹底して7月は歩く予定です。 やはり、最近のトレーニング不足で痛感するのは上肢がまったく使えないと言うことです。

僕自身の走りのイメージでいちばん重要視しているのは、上肢と下肢の連動です。 これを歩くことで、徹底してつくりなおします。 去年は秋のレースシーズンに向けて、多い月は月間300kの歩きこみを慣行しましたが、なんとか時間をやりくりして「歩き」に関しては距離を踏みたいと思います。

特に山岳レースでは、下半身だけではなく、上肢の力が重要となります。

そんでもって、去年は六甲全山をポイント練習と捉え、段階的に内容のタイムをあげていあったのですが。。。
ことしはむしろ、無理に走るのでは無く、歩きも混ぜた効率の良い「山走り、山歩き」で長時間動くトレーニング。。。そんなトレーニングがハセツネ攻略に必要と思われます^^

山を早く歩く。。。 急坂の効率良い下り方。。。

この2つの技術向上に努めたいと思っています。。。

奥多摩のコースは景色が以外に単調でした、おまけにスタートして5時間後ぐらいからは、ライトの灯りを頼りに暗闇を進むわけです。。。 精神的持久力がかなり問われるコースだと予想します。

これを克服するには、須磨から宝塚まで、みたいなワンウェイコースより、単調なコースを何度も折り返す、古式なトレーニングもやる必要があるような気がします。。。

いずれにせよ、心技体のすべてが要する、ハードルの高いレースだけにやりがいはありそうです。。。

トレイルのようなレースは経験が活きるレースですが、出来る限りのことをやって、本番に挑みたいと思います。

ハセツネまで、102日。。。
実はそんなに時間はありませんね^^


画像

            地図とHPから引き出した資料を頼りに・・・・

画像

           意外にトレイルに入れば同じような風景。。。でした^^

画像

            今回のコースで唯一? 雄大な風景でした。。。 次回はさらに前へ進んで、素晴らしい風景を楽しみたいです。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのトラックバック