ランニングショップ 店長ORAOのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔の爆走の記憶を辿り、信越五岳100kのコース攻略法テキナ感じです^^

<<   作成日時 : 2018/09/13 07:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

どもです ガンバフンバ! 店長オラオです
信越五岳トレイルランニングレースまで、あと僅かとなりました!
このレースには特に思い入れが強く、僕自身がアスリートな気持ちで挑んだレースでもあります。
2014年には110kを11:21:12でゴールしました!2015年は区切りのレースとして11時間切りを目指して挑んだものの、直前に痛め、たアキレス腱の痛みに耐えれず、途中リタイアしたものの、途中までは自分でも嘘ぐらい、キレッキレッ^^の動きで走れたことを思いだします。(あ〜懐かしい…)
画像


今では、いろんな痛みや加齢で思うような走りができていませんが、50歳記念に、信越の100マイルを走ることが、先のモチベーションにして、もう一度カラダをつくることを模索していますが…
現状は脚の状態が良く無く、気持ち良くトレーニングができない日々に葛藤しております…

昨年から100マイルが新設され、支える側として大会に携わらさせていただいて
おります。
今年も、大会で選手の皆さんがお使いになる、ドロップバックの提供
また、ガンバフンバ隊として100マイルの56k地点でもある、アパリゾートのエイドステーション
そして、レースの後半の大橋林道でも後半の時間帯をサポートさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いします。

前置きが長くなりました
110kの攻略法テキナお話をさせていただければと思います。

「信越五岳トレイルランニングレース」と言えば
走れるトレイル!と言うイメージでしょうか…
言い換え得れば、「走らなければいけない!」と言うことです…

この、「走れるトレイル」=「走らなければいけないトレイル!」が故に、どう
しても前半でオーバーペースになってしまう傾向にあります。

以下に焦らず、マイペースを刻めるかが大きなポイントとなります。

私はペーサーを付けなかったので、とにかく自分と対峙しながら、アクセルを踏み過ぎないように抑えて抑えてと言い聞かせながら走りました…

まず、僕が走っていた時との違いは
100マイルが前夜にスタートしている…ってとこですね!

前夜祭後に100マイルのスタートを見送ってから、床に就く訳ですが、興奮して寝れないかが心配です(笑) マジで…

去年の100マイルのスタートの興奮した雰囲気は半端無かったですからね…

そんな100マイルが既にレースの中盤を越えた翌朝5:30に、110kの選手はスタートして行くわけです。
やはり、何か昨夜の余韻を残した中をスタートするので、ペースが速くりそうな気がします。
とにかく、高揚する気持ちを抑えて抑えて…です^^

それでは、
スタートからセクションごとを妄走していきましょう!


スタート〜1A菅川(19k)
スタート後の雰囲気に飲まれない! 優しく入る

スタート後、斑尾高原スキー場を一気に駆け上がります
位置取りを意識し過ぎるて、間違ったポジションで走らないようにしましょう!
もし、スタート位置が遅れても焦らなくて大丈夫です。
優しく、斑尾・信越のTRAILに同調していくような気持ちで入ることです!

5kあたりから、コースはWトラックになりますし、10k手前から19kの1Aの菅川までは林道なので、スタートに入りが遅れても、林道で十分取り返せます。

と言うことで、
@スタートダッシュに巻き込まれないように!
A約10kの林道で、自分の体調を把握する


1A菅川(19k)〜2Aバンフ(24k)
斑尾山の下りは要注意

このセクションは斑尾山の山越えです。 登りはトップ選手はある程度走って上がりますが、正直歩いても変わらないですね…
ですので、ここは無理せず^^
前半林道をずっと走っているので、一度リセットするぐらいの気持ちが大切です。

ちなみに僕は、ここで必ずトイレに寄ります。
したくなくても寄ります(笑) 林道から間髪入れずに登りに入ると、勢いで無理して走ろうとするので、トイレに行って、お腹をすっきりさせて、軽くストレッチ入れて、リセットしてから山登りパートに入るようにするのが、僕の毎回のルーティーンでした!

ポイントは登りより下りです!
あと気になるのは、もし雨が降れば、先に100マイルが走っていることもあるので、斑尾山の下りは超スリッピーになる可能性があります。
ここの下りがスリッピーになれば、渋滞が起きる可能性があります。
もし天候が悪くて、渋滞が起きるようなことがあれば、体温が奪われないように、レインウエアや手袋などで防寒をすることを忘れないようにしてください。

特に渋滞が無くても、比較的スリッピーな箇所があるので、足元を選びながら丁寧に下っていくのがポイントです!

と言うことで
@登りに入る前に一度リセットをかける
Aスリッピーな下りは丁寧に… 
B渋滞に巻き込まれた場合は防寒対策を


2Aバンフ(24K)〜3A熊坂(39K)
フカフカの気持ち良いトレイルに乗っからない^^

このセクションは僕も好きなパートですね…
2Aバンフ後、袴岳までは登り基調です、僕はこのパートは概ね走っていましたが、あくまでも無理はしない、歩きとユル走りを混ぜながら進みたいです。
このあたりの木漏れ日が良い感じなので、お天気でそんな木漏れ日を感じながら走れると良いですよね〜
要注意は、袴岳から熊坂までの延々と続く下り…
ここが要注意です。
抑えても抑えてもスピードが上がってきます…^^
カラダへのダメージを感じながら、「優しく優しく」下って行くのがポイントです。

このセクションはTRAILが特にフカフカの絨毯のようなサーフェスが多いです。
フカフカTRAILはある意味、足が沈むので、関節には優しいですが、筋肉には意
外に負荷がかかると言うことも忘れずに!

と言うことで
@袴岳までの登りは頑張り過ぎないように
A袴岳からの延々続く下りは優しく優しく…


3A熊坂(39K)〜4A黒姫(52K)
関川林道で潰されるな!

3Aからがレースのスタートぐらいの気持ちが理想ですね…
関川沿いの林道を走れないようでは…^^
かと言って無理し過ぎてもダメ
攻め過ぎず、緩め過ぎずで淡々と動きたいものです。

関川林道の途中から、100マイルと合流します。 マイルの選手にリスペクトしながら、ここからはマイルの人のペーサーになるぐらいの気持ちで走ると良いかもしれませんね…

関川の手前の宴会隊さんの私設エイドは毎回元気をいただきます。
ここで一度気分を入れ替えて、先の短いけどTRAILとロードの急な登りを上がっていきましょう(←このパートは何かシンドイので僕はペースを落としますね^^)

ここを越えたら、黒姫エイドに向かって、とても気持ち良いTRAILがまっています。
フラットに近い緩やかな下りですが、ここのTRAILは気持ち良いいいので飛ばし過ぎないように…

と言うことで
@熊坂からがスタート!
A関川林道に潰されるな
B関川林道のの後のロードが何気にシンドイ


4A黒姫(52k)〜5A笹ヶ峰高原グリーンハウス(63K)
黒姫林道はキッツイ!

黒姫エイドの笹寿司ははずせませんね〜(笑) 
このパートは登り中心パートです。 腹が減っていてはチカラが入りませんよ!
黒姫林道はキッツイ!
メンタルやられる系の林道です!  覚悟を決めて、淡々と進むのみです!
一度下がった後に、発電所のつづら折りの登りもまぁ〜まぁ〜キツイんですね〜

これを越えたら、笹ヶ峰のエイドなので、黙々と歩いてエイドに向かいましょう!

と言うことで、
@黒姫エイドの笹寿司でパワー充電
A黒姫林道は覚悟を決めて淡々と!


5A笹ヶ峰高原グリーンハウス(63k)〜6A大橋林道(81k)
とにかく我慢のパート

ペーサーポイントなので、ペーサーを付けている選手は元気注入ですね!
僕がガチ走りしていた時は、ペーサーを付けないことに拘りを持っていたので、ある意味ここからはペーサーを潰すぐらいの気持ちで走っていました(笑) (ペーサーの後ろについて、わざとゼェーゼェーハァーハァーのボリュームを上げると、けっこう心苦しくなるようです…)

グリーンハウスを出た後の牧場内のTRAILが意外と進まないんです。サーフェスが柔らかいので、足が沈むんですね… 足の使い方を工夫して進みたいとこです。

この後の林道は歩きたく無いけど、歩いちゃうかな…
ただダラダラ歩いちゃダメですよ

西登山道入り口にはウォーターステーションがあります。
MAGAエイドもあるので活用したいですね…

西登山道入口からの登りがキツイんですよね… 天気が悪ければ、TRAILのサーフェスも悪くなるので注意したいとこです
大橋林道への下りもサーフェスが悪いとこもあるので、足元注意したいとこです。

と言うことで
@このパートは長い
A西登山道入り口からはサーフェスが悪く、パンチがある登り下り
Bとにかく我慢


6A大橋林道(81k)〜7A戸隠スキー場
新コース 戸隠牧場が気持ち良い

このパートはフラット調です。
今年から新設コースになったのが、戸隠牧場の中のTRAIL
今年のパンフレットの表紙になってるとこですね…
しっかり草刈りもしておきました^^

従来の戸隠神社の参道がコースからなくなったのは少し残念ですが、横切るので雰囲気は味わえると思います。
このあたりからはナイトパートの人も多くなると思います。 気持ちを切らさず、淡々と動きたいですね!

と言うことで
@戸隠牧場のTRAILが気持ち良い
A戸隠神社の参道はコースから無くなったけど神秘の雰囲気は感じれる


7A戸隠スキー場(93k)〜飯綱登山口WS(103K)
ラスボスと対峙してからの、嫌らしい下り

いよいよラスボスのお出ましです!
戸隠スキー場エイドでしっかりエネルギーを摂ってから(お蕎麦はマスト)、ラスボスの退治ではなく対峙です!
これを越えなければゴールは見えません!
ゆるいつづら折れのTRAILから直登気味からのゲレンデ直登と、3段階ぐらいのイメージです。
前に進んでいれば、必ずピークはやってきます!
ネガティブに考えず、瑪瑙山と対峙してください!

ただ、ここで気を抜いたらダメです!
このあとの下りが癖もんです…
ゲレンデを下ったあとにTRAILに入りますが、サーフェスはあまり良く無い所もあります。
100k地点=ラスト10kの看板になかなか辿り着かない…
気分的にはとっくに越えているのに、辿り着かない… そんな気分になります。
おそらくラスボスを越えて気が緩んでいるのかもしれませんね…

と言うことで
@ラスボス退治と対峙しろ
A瑪瑙山の後の下りが癖もん 気を緩めず前へ前へ


飯綱登山口WS(103K)〜FINISH(110k)
最後はしっかり動いてビルドアップでゴールへ

ようやく、TRAILから抜けて林道に出ます!
少し気分が解れることでしょう…
けど、まだ7kありますからね^^

WSで補給を済ませたら、まずは慎重に入ってください。 1kぐらいは慎重に…
その動きを見て、ゴールイメージを立ててペースコントロールです!
ゴールの満足感をアップさせる為に、最後はビルドアップで終わりたいですね…

林道に出るやペースアップし過ぎると、最後ジリ貧になるかもしれませんからね…

長い道のりを噛みしめながら、そしてその先に目指したゴール、また新たなはじまりでもあります!

だからこそ、最後はビルドアップでゴールを目指して欲しいです!

頑張るのあたりまえ!
頑張るのを楽しむのがロングディスタンスです!

ただ、頑張るだけではゴールまでいけません!
苦しい時に踏ん張って踏ん張って!

頑張って・踏ん張って!
ガンバフンバ・ガンバフンバ!

今できる、サイコーゴールを目指してください!

私も裏方でガンバフンバします!

選手もスタッフもボランティアも応援も、みんなでサイコーの信越五岳にしましょう!



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
昔の爆走の記憶を辿り、信越五岳100kのコース攻略法テキナ感じです^^ ランニングショップ 店長ORAOのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる