HOKA EVOカーボンロケット カーボン搭載のヤバイシューズの話 その2(シューズ特徴)

どもです 3・2・1 GO!
HOKA(ホカ)
EVO CARBON ROCKET(EVOカーボンロケット)
先日、居ても立っても居られず…で、まずは走った感想をブログで書かさせていただきました。
https://orao.at.webry.info/201902/article_1.html
画像


本日はもう少し、落ち着いて商品の特徴を書かさせていただきます。

と言っても、走った感想が全てのような気もするんですが…(笑)

特徴は何と言っても、
カーボンファイバーを搭載したアウトソールです…

カーボンと言えば、僕の中では釣竿のイメージしか無いのですが(笑)
そんな素材が、シューズのソールに搭載される時代が来るとは…
数年前では想像もできませんでしたよね…


シューズのコンセプトになっているのは、
当方でも人気のHOKA トレーサーがベースになっているような気がします。

足入れ感は、トレーサー1のイメージに近い印象かな???


まず、白とブルー(水色)のソール部分

推進力と足のプロテクションを両立させたPROFLY;ミッドソール

白の部分がやや柔らかめ
ブルー(水色)の部分が安定感を引き出す、少し粘り強いクッション

このシステムは、トレーサーと同じ仕様となっています。
着地衝撃は優しく、蹴りだしの時はしっかり地面を捉えられる構造ですね!
画像


その白とブルー(水色)のソールの下に黄色のラバーフォームアウトソールを採用しているのですが、
この黄色のソールの上、
白とブルー(水色)のソールとの間にカーボンファイバーがサンドされているという仕組みになっている訳です。

黄色のラバーフォームアウトソールは薄いながらも、非常に柔らかいのでクッションを十分感じることができます。
画像


従って、地面とのファーストコンタクトは適度な柔らかさを感じれます。
着地後、体重が乗ることで、カーボンファイバーが撓ることで、推進性が生むと言う仕組みです…!

フヮァッ! ビューン~♪ って言う感じです^^

EVO CARBON ROCKET(EVOカーボンロケット)だから、
3・2・1 GO!って感じか???



HOKA本来である、メタロッカーシステム
ソールの真ん中はフラット、踵とつま先が上がっていることで、ローリング効果を生む動きもしっかりと残っています。
そこに、カーボンファイバーをサンドすることで、ローリング効果にロケット効果がプラスされる訳です…!

どう考えても、システム上は楽に前に進むシューズであるということが、想像できますよね…!

先日のブログでもお話したように、
https://orao.at.webry.info/201902/article_1.html

既にこのカーボン搭載のシューズは4年前に発表されて、僕自身もUTMBの会場で足入れをしていました。
その時には、このシューズの仕組みを理解できなかった…
う~ん、情けない!
語学が堪能でサンプルシューズが確か28㎝ぐらいで大きかったので、ジャストサイズで走れていたら…
もっと早く、日本でもお披露目できていたかもしれません…

ちなに、これが4年前の写真
真ん中がカーボン搭載のシューズです!
画像



ただ、良いも悪いも
N〇〇Eのお陰で、カーボン搭載のシューズへの違和感がなくなった訳です!

言っても、HOKAはまだまだ小さながガレージブランドですからね^^

シューズのソールにカーボンを搭載することで、びっくりするような相乗効果が生む…
その効果は既に、先日に実際に走ったことで、体感済みです^^

そして、昨日のお休みに35k走にもトライしました!
その、インプレはまたブログで^^


おそらく、
今後レーシングシューズは
カーボン戦争が勃発するのでは無いかと思います。
EVO CARBON ROCKET(EVOカーボンロケット)やN〇〇Eのアレを履いたら、カーボン搭載シューズを作らなきゃいけないと感じるでしょう!(ただ、現状・主要メーカーにその動きは無いですが^^)

もちろん、合うわ合わない、好みは別れるでしょうが…
選択権には間違いなく入ってくると思います。

アウトソールにカーボンを搭載することで、推進性がアップすることは間違い無いと言っても言い過ぎでは無いと実感・体感しています!


先日もお話したように、
HOKA(ホカ)
EVO CARBON ROCKET(EVOカーボンロケット)は、あまり背伸びせずに履ける、カーボン搭載のシューズである…と言えますね…

在庫の方ですが、週末でかなりサイズ切れを起こしています。
キープ分をフォローはしています。
本日、入荷すれば良いのですが…


この記事へのトラックバック